配信ライブに挑戦した話

2020年冬から新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の感染拡大に伴い、ライブハウスでのライブ等イベントで人を集める活動が困難になってきました。僕のバンドも県外でのライブをキャンセルしたりイベント自体中止になったりで、元々予定していたイベントは全て無しになりました。

このまま世の中がまた元に戻っていつも通りライブしに行けるようになるまで待とうかとも思ったんですが、実際いつまで続くかわからないし、長引けば長引くほど昔に戻ることはもうないなと感じ、新しい方法を考えることにしました。

人を集めずにイベントを行う方法として、ライブをインターネットで生配信する方法があり、都内のライブハウスでは緊急事態宣言以降よく見かけるようになりました。最近僕の地元のライブハウスvanvanV4 でも配信ライブが可能になったため、先輩バンドalley(https://open.spotify.com/artist/6brCoVgFSh7Dtbz1IuBsbf?si=VUf6Jso5SKeB2tpkxO0bEg)と僕のバンドRole(https://open.spotify.com/artist/4hrvIKkUilvSZZtnabWkQj?si=NlAKZhq_Qq-IPN2HYcI_fQ)2バンドでやってみることにしました。下のリンクが実際のライブ映像です。

youtube liveで配信を用いて、固定+移動式のカメラをスイッチングして映像を作ってました。vanvanV4 での配信は他のライブハウスよりも音が良いなと思いました。

やってみた結果、配信ライブの視聴者は最大で40人くらいでした。想像より多かったです。生配信の映像をアーカイブとして残したんですが、これは1週間くらいで500回以上再生されました。そのうち200回以上はアーカイブがアップされてから1時間以内での再生でした。

youtube 配信ライブのアーカイブ視聴回数

普段のライブだと、CDやTシャツ等を会場で販売しているのですが、配信だとそんなことできないということで動画に物販の通販ページのリンクや、SNSのリンクを入れておきました。ページのアクセスは増えましたが、購入してくれた人は誰もいませんでした。Spotifyのリンクとかも用意してたんですが、アクセスは全然伸びませんでした。Twitterのフォロワーは微増しました。

Role baseページアクセス数
Role Spotifyストリーミング回数
Roleツイッターフォロワー数

・配信ライブをしてみてわかったこと

・意外と見てくれる。でも配信中に見てくれる人よりもアーカイブを見る人の方が多い。しかも配信終わってすぐアーカイブを見る人が多い。良い時間帯を探す必要があるかも。

・有料配信にしないと収益は難しい。物販サイトはアクセス数だけ増える。

・サブスクのリンク(spotify)を貼ってもあんまり意味がなかった。視聴者が一番利用しているサービスを把握している必要があるかも。

・演者として、普通のライブよりも緊張感がある。ライン入力がそのまま視聴者に届けられるので、ミスのごまかしが効かない。

・転換中の画像等、普通のライブよりも用意する物が多い。

・ライブ告知の上手いやり方がまだよくわからない。

こんな感じでした。今回やってみて僕が配信ライブに感じたことは、「現時点ではわざわざ生配信するよりも収録してライブ動画かMV上げた方が良いし、観客の入場制限あったとしても普通のライブした方が良いな」と思いました。

現状での話なので、もっといろいろ試してみたらもっと上手くいくかもしれないです。

HARTKE新ベースアンプ発売

普段練習しているスタジオやライブハウスのベースアンプは何がおいてあるでしょうか?
HARTKEのHA3500が多いと思うんですが、HARTKEから新しいベースアンプLXシリーズが
発売されていました。

HA3500はツマミやEQがわかりやすくて音もくせがなくて好きなんですが、これはEQないですがツマミも多くなくて使いやすそうです。
サンプルの動画はベースが良すぎて正直参考にならないと思うんですがいい音出してます。気になりますね。値段も手ごろです。

Darkglass Tone CapsuleをSquier のジャズベに搭載してみた話

去年Darkglass Tone Capsuleというベース内蔵させるプリアンプを購入しました。

同じく去年購入していたSquierのアクティブ五弦ベースにこいつを搭載してみました。このジャズベ、元々ペグ紛失されてたのでジャンク品扱いでお安くなっていたのを救済しました。ペグ交換にヘッドの加工が必要だったので、そこは楽器屋さんにお願いしました。なぜか4か月かかりました。根に持っています。

今まで楽器の配線とかやったことなかったんですが、結構ぐちゃぐちゃですね。
いろいろあって完成。仕様が変わったのでポットのノブは一個合わなかった。

こんな感じでちょっとわかりにくいんですが、かなりハイが前出るような音になったかなという印象でした。

改造楽しかったのでまた何かやります。次はピックアップかな。

Omega Ampworks Granophyre Plugin

Neural Dspからまた新しいプラグインが発表さらていました。Omegaというアメリカのアンプのプラグインです。見た目がとてもいいので気になってたアンプでしたがまさかプラグインになるとは…

メインのアンプにEQやearthquaker deviceのPlumesが歪みとしてついてたり、これも普通に使えそうな物になってます。14日間のフリー版があるので試してみたいです。

Omegaも自社でkemper用のプロファイル販売してたりしてるので、そっちと比べてみてもおもしろいかなと思いました。

https://poweredbyomega.shop

Neural Dsp新作はまさかの実機

Neural Dspから意外なものが発表されました。てっきりいつもの様にプラグインだと思ってたら実機でした、アンプシミュレータ/マルチエフェクターです。

Neural Dsp Quad Cortex

アンプモデル50種類、エフェクトは70種類、キャビのIR読み込み可能、MIDIもUSBもありで、wifiもついててスマホのアプリ経由で音作り可能。

Neural Captureという機能で、機械学習を用いて人が弾いた感じにかなり近づけられてるらしいです。英語だったので正確な訳ではではないかもしれません。

今から予約可能で最初の1,000台が9月発売みたいです。今からHeadrushとかHelix買おうとしてて待てるのならこれの方がいいかも…値段は$1599とのことです。

https://neuraldsp.com/quad-cortex/

IRローダーについて

最近いろいろ考えていることの中に、IRローダーペダル(キャビシミュ)の導入があります。どうしてもアンプやキャビを持ち込めない環境でライブする必要がある時どうするかということを考えています。これさえあればマルチ+IRローダーで海外でもどこでもやれちゃうなと思います。

1番有名なのはtwo notes torpedoでしょうか。性能が良いのはわかるんですが、日本で買うと4万くらいするのが辛いですね。

StrymonからもIRローダーが出ています。これは見た目も良くて性能も良さそうです。値段も高い…

調べた中で1番コスト的に有利だったのがNUXから出ているsolid studioというやつでした。見た目が好きじゃないんですが使えそうです。このメーカーのやつだけ解像度が2048/46ms(他のメーカーは2048/40msらしい) とのことなので、これがどれだけ違うのか

GFI sytemというところのCabzeusというペダルが見つけた中では1番見た目が良くていいと思いました。12種類のスピーカーと2種類のサイズが選択できて、オープンバック、クローズの選択やマイクの距離も変えられるとこのこです。日本で売ってないみたいなので取り寄せになるみたいです。

https://www.gfisystem.com/cabzeus-mono.html

どれも一回試奏してみたりしたいのですが、地方に住んでるとなかなかできないのが困りますね。

Archetype:Abasi

NeuralDSPの新商品、何かと思ったらAbasiプロデュースのアンプシミュレーターでした。

実際何に使うのかはよくわかりませんが、ファンは試してみてはどうでしょうか。体験版もあります。AbasiのギターやFishman搭載の多弦を併せて使えば完全にAbashiになれますね。

https://neuraldsp.com/products/archetype-abasi/

これ以外にもここのアンプ シミュはいろんな物があって音もきれいなのでとても好きです。お試しあれ。

Mooer E7 Synth Pedal

Mooerから新しいペダルが発表されていました。ギターシンセなんですけど、GE300に入ってたやつを抜き出したものだそうです。小さいんですが音色を変えるだけでなく、アルペジレイターもついてるみたいでいろんなことができると思いました。実際の使用感がきになりますね。

楽曲分離ツール

ミックスされたトラックの特定の楽器だけ抜き出したいっていうことあると思うんですが、それ用のツールは高い物ばっかりですよね。

Deezerから機械学習を利用した無料の楽曲分離ツールが公開されました。これどんなジャンルでも使えるからいいですね。試してみようと思います。https://deezer.io/releasing-spleeter-deezer-r-d-source-separation-engine-2b88985e797e

https://waxy.org/2019/11/fast-and-free-music-separation-with-deezers-machine-learning-library/

Linkin Parkのコピバンをやった時、やれる曲がシンセとかのトラックが落ちてたやつしかやれなかったので、これで抜き出すことができれば他の曲もできるかも…?